30代を過ぎてもしみを恐れない肌をつくるには

0
    シミがメラニン色素の沈着によっておこることは有名ですね。
    それではメラニンはどこで作られるのか。メラノサイトと言われる
    紫外線やホルモンなどの影響を受けるとメラノサイトが刺激されて
    メラニンを出します。そしてこれが排出されないで残ったり
    過剰に出すぎて処理しきれないものがしみの元となるわけですね。

    ではメラニンを出すメラノサイトはどこにあるか
    というと表皮の下の基底膜というところにあります。

    そして基底膜の下が真皮といわれる肌の奥の方、最近は真皮まで
    浸透するという化粧品もありますが、この真皮はコラーゲンを作って
    いるところです。

    強い紫外線を浴びたり、肌を傷つけたりすると基底膜が
    破れてそこからメラニンが真皮へ落ちてしまいます。
    そして、これが消えないシミとなるのです。

    真皮側にメラニンが落ちずに、表皮側にメラニンがある状態
    であれば、しみが消えないということはありません。
    新陳代謝がうまくいけばしみは消えるわけです。
    なぜなら基底膜で作られた細胞がどんどん上へ上がっていき
    ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を繰り返しているからです。

    ですから真皮にメラニンを落とさなければ消えないしみは
    できないということになります。

    それでは消えないシミを作ることがないように、
    真皮にメラニンを落とさないためには
    基底膜を傷つけないこと、そしてしっかりとした基底膜を
    作ることが大事ということになりますね。

    ちなみにしわも基底膜がたわんで起こるものですから
    この表皮と真皮の間にある基底膜をたわませないでぴんとはった
    健康な状態にすることが大切なのです。

    つまり、しみしわを作らないためには基底膜の強化が
    必須だということです。

    基底膜を強化するために必要なものは、まず保湿、さらに
    ラミニン5、桟織灰蕁璽殴鵝↓厳織灰蕁璽殴鵑瞭きを
    活発にさせることだそうです。

    特に30代後半からのスキンケアではしみ、しわをつくらない
    ようにするためこの3物質が欠かせないようです。
    それではこのこの3つの物質を活性化するものとは?

    これは次回の記事にしますね。


    今日も応援いただけるとすごーくうれしいです♪
    更新の励みになります♪
    ↓↓↓
    infoblogランキング
    人気ブログランキング

       

    コメント
    なるほど、真皮にメラニンを落とさなければ
    シミの原因とはなりにくいんですか。
    そのためには基底膜の強化が必須!ですね。

    3物質の活性化のこと、楽しみです。
    応援ポチポチ☆
    ★そらまめさん★

    そうみたいです。30過ぎると新陳代謝
    が落ちてきてメラニンもさらに増えるので
    しみが定着しやすくなることは
    なるのですが、落ちないしみというのは
    真皮にさえ到達しなければなさそうです。

    基底膜が大事みたいですね。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Ads by

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    モレナリップクリーム
    モレナリップクリーム (JUGEMレビュー »)

    一度これを使ったらもう手放せなくなった、私の愛用するリップクリームです。乾燥気味だった唇がプルプルになって口紅がきれいにのります。ひび割れてガサガサの唇は最悪。ひび割れ知らずのつやつや唇になりますよ♪

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM